化学物質過敏症とシックハウス症候群を考える

化学物質過敏症やシックハウス症候群の
問題や対策を紹介しています。


化学物質過敏症とは、化学物質に対し体がきわめて過敏に反応した結果、様々な不調をもたらす病気です。最近患者が増加しているシックハウス症候群も、化学物質過敏症の1つです。

化学物質というと、特別な場所や人にしか縁がないように思えますが、シャンプーや洗剤、たばこや香水など、あらゆるものに含まれていています。家具や日用品に含まれる化学物質を吸い続け、それらが蓄積していつの間にか微量の化学物質でも体に不調が出るのがこの病気の特徴です。  
化学物質過敏症の症状の一例
頭痛、めまい、吐き気、動悸、息切れ、イライラ、疲労感、疲れ目、発疹など。
化学物質過敏症は、他のアレルギーの併発や、アトピーを悪化させるという報告も出ています。
~原因不明の体調不良に、化学物質が潜んでいる可能性~
化学物質過敏症は、予備軍を併せると1,000万人を超えると言われています。患者数は増えているものの、症状に個人差が大きいため判断がつきにくく、病院で検査をしても化学物質が原因だと診断されないケースが多々あります。

化学物質過敏症について

シックハウス症候群 原因と対策

化学物質過敏症 原因と対策

体質を改善していく

ページのトップへ戻る