【ニュース】Wi-Fiの電波が人を襲う?「電磁波過敏症」に苦しむ人々

admin   2016年7月25日  

Wi-Fiが原因で電磁波過敏症になったというイギリスの男性のFacebookを紹介した記事がありました。

Wi-Fiの電波が人を襲う?「電磁波過敏症」に苦しむ人々
(2016/07/24 しらべぇ)
以下引用

Wi-Fiアレルギーが原因で閉店を決意

36歳のリチャード・キンバリーさんは、イギリスのウスターシャー州で経営していたお店を近日中に閉店する。1996年に開店したリチャードさんのお店は、携帯電話やパソコンの修理を請け負い、着実に業績を伸ばしていたのに、だ。

では、閉店の理由は何なのか? それは、ここ数年リチャードさんを悩ませていた「Wi-Fiアレルギー」が原因だったのだ。

「夜中に5、6回目を覚ますようになり、関節が酷く痛むんです。慢性的な頭痛で、酷いときには気を失うこともありました」(リチャード)

病院でも原因を特定することができず、途方に暮れていたある日。自宅のWi-Fiを切断したところ、症状が改善されたのだ。
このことから、Wi-Fiの電磁波が自分を苦しめていると気付いたリチャードさんは、店の業務をスタッフに任せ、電磁波をブロックするためのアルミニウムで内部を覆った車の中で生活するようになった。

「Wi-Fiの電磁波が私を苦しめるため、店の経営を諦めることにしたんです」(リチャード)

今後、リチャードさんはWi-Fi電波の届かない環境からブログを更新し、電磁波過敏症の認知度を向上させたいと考えているそうだ。

引用元の記事

※残念ながら2017年現在、リチャードさんはFacebookをクローズしてしまったようです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です