【ニュース】他人の服に残る柔軟剤が苦しく、めまいや頭痛…「化学物質過敏症」認知度低く

admin   2017年2月27日  

柔軟剤がCS患者にもたらす影響についての記事になります。
最近Yahooニュースのヘッドラインに載っていて知ったのですが、元は2016年9月に産経ニュースに掲載されていた記事でした。

他人の服に残る柔軟剤が苦しく、めまいや頭痛…「化学物質過敏症」認知度低
(2016/9/10 産経ニュース)

以下引用

汗の臭い対策などとして強い芳香や消臭効果のある洗剤や柔軟剤などの需要が高まる陰で、苦しんでいる人たちがいる。「化学物質過敏症(CS)」の患者たちだ。他人の衣服に残る柔軟剤などの化学物質が、めまいや頭痛などを引き起こすため、飲食店に入ることもためらわれ、会社や学校に行くのが困難になるケースもある。CSは暮らしの中にある化学物質によって発症する身近な疾病にもかかわらず認知度が低く、患者は周囲の無理解にも苦しんでいる。
~~~~
近年は柔軟剤などに悩まされる患者が増え、「おおげさと思われがちだが、患者にとっては毒ガスのように苦しい」と訴える。

引用元の記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です