化学物質過敏症とシックハウス症候群を考える

化学物質過敏症とシックハウス症候群の違い


症状は似ていますが、以下の違いがあります。 
 
 
化学物質過敏症
シックハウス症候群
発症
微量でも化学物質のある場所ならどこでも発症する 原因となる化学物質がある一定以上の濃度になった建物内に入ったとき
種類
化学物質であれば、様々なものに反応する 特定の化学物質に反応する
原因
排気ガス、タバコ、農薬、化粧品、シャンプー・リンス、洗剤、スプレー、香料を使った商品全般など多種多様なものが対象となる。(シックハウス症候群の原因となる化学物質も含まれます) 原因が建物内に限られる

住宅の建材、家具などに含まれる接着剤や抗菌剤、防虫剤、ワックスなど
化学物質過敏症になると、シックハウス症候群の原因となる化学物質にも反応するため、必然的にシックハウス対策が必要になります。

シックハウス症候群は、化学物質過敏症の初期の段階と言えます。
化学物質過敏症になる原因の59%がシックハウス症候群という報告も出ています。

反応する化学物質の数と症状の重さが比例するとは限りらないため、1つの化学物質にしか反応しなくても、重い症状が出る場合もあります。

シックハウス症候群についてはこちらをご参考ください。
> シックハウス症候群とは


化学物質過敏症について

シックハウス症候群 原因と対策

化学物質過敏症 原因と対策

体質を改善していく


ページのトップへ戻る