化学物質過敏症とシックハウス症候群を考える

遅延型フードアレルギーについて


最近「遅延型」のアレルギーの記事をよくみかけるようになりました。

食べた直後に症状が出る「即時型」のアレルギーとは違い、「遅延型」は食後から数時間~数日後に発症し、症状が継続します。

そのため原因を特定しにくく、症状も広範囲にわたるため、体調不良の原因が食物アレルギーであることに気づかないことも多いそうです。

シックハウス症候群や過敏症と発症するまでの過程は違いますが、どちらも似た症状があり、原因の特定が難しいなど共通点があります。

即時型と遅延型の大きな違い

■即時型食物アレルギー
・原因となる食物を食べた後、短期間(多くは1時間以内)に症状がでる
・アナフィラキシーなど重篤な症状を伴う場合がある

■遅延型食物アレルギー
・原因となる食物を食べてから数時間~数日後に症状がでる
・同じものを食べても必ずしも症状が出るとは限らない
・重篤な症状は出にくいが、症状が多岐にわたる
・体調不良が継続する

遅延型は命に係わるような症状がでない反面、症状が持続したり、いつ発症するかが分からない点が特徴です。

遅延型食物アレルギーの症状

循環器系、消化器系、神経障害など、様々な症状があります。

シックハウス症候群や過敏症と似た症状の例
発疹、湿疹、にきび、肌荒れ、アトピー性皮膚炎、ドライアイ、多汗症、体重増加、喘息、鼻水・鼻づまり、便秘、下痢、むくみ、不安神経症、集中力低下など

遅延型フードアレルギーの原因と、特定の難しさ

遅延型フードアレルギーは主に腸内環境のバランスが崩れることで発症します。
検査も遅延型と即時型で異なります。

即時型アレルギーの検査の場合、血液検査でIgE抗体の量を測定しています。
どのIgE抗体をどれだけ持っているかで、アレルゲンを特定しています。

遅延型アレルギーはIgE抗体で特定することが出来ないため、専用の検査が必要となります。
さらに遅延型の場合、同じものを食べても腸内環境が正常なら症状が出ない場合があるため、検査をしても必ず一定の結果がでないところが難しい点の1つになります。

原因と検査については、以下のサイトが参考になりました。

遅延型フードアレルギーと治療・検査について
http://www.konishi-clinic.com/symptoms/food-allergy.html

ストレスが原因で腸内細菌のバランスが崩れ、腸内環境が乱れると腸の粘膜の細胞と細胞の間に隙間が出来るのです。そして、出来た隙間から通常では通れないようなペプチドやたんぱく質が血液中に漏れ出るようになるのです。このような状態を「腸管漏出症候群(リーキーガット)」と言います。
そして、このようなリーキーガットの状態では、十分に分解されていない大きな分子が血液中に入るため、アレルギー反応を起こします。これが「遅延型フードアレルギー」です


遅延型アレルギー検査をした結果、多くの食品が該当するという結果になることも多いようです。
そのためアレルギー源の食品を排除していくのではなく、腸内環境を整えることで改善を目指す方法を上記サイトでは薦めています。


CSの症状やストレスで腸内環境のバランスがくずれて、遅延型フードアレルギーを発症しやすい状態になる可能性があります。

最近は腸内環境(腸内フローラ)が全身の健康に大きく影響していると分かってきました。
体調不良の負のスパイラルに陥らないよう、腸の健康について意識するのも大切となります。



化学物質過敏症について

シックハウス症候群 原因と対策

化学物質過敏症 原因と対策

体質を改善していく

ページのトップへ戻る