化学物質過敏症とシックハウス症候群を考える

症状 ~息切れ・呼吸について~


息切れとは

息をするのが苦痛だったり、呼吸が困難な場合を言います。 心臓など循環器系の疾患で起こるケースや、心理的なものもあります。  

化学物質過敏症の場合

動悸と同様に、自律神経(交感神経)が大きく関わっています。 交感神経が刺激されたため、呼吸が促進された状態と考えられます。
他にも排気ガスやタバコの煙などを極力吸わないようにするため、不自然に浅い呼吸を繰り返した結果、息切れを起こしてしまう事もあります。

息切れが悪い理由

息切れは浅い呼吸を繰り返している状態です。 呼吸が浅くなると、血液が酸欠の状態になってしまいます。 酸欠の状態を繰り返していると、血行不良になります。 呼吸が苦しいだけではなく、免疫力が弱まり、抵抗力が落ちて他の体調不良を引き起こす原因になります。

対処法

深い呼吸(深呼吸や腹式呼吸)を繰り返すことで、副交感神経が刺激され、落ち着きを取り戻しやすくなります。
お腹から呼吸をするように意識すると、腹式呼吸になります。
  1. お腹を凹ませるように意識しながら、ゆっくりと息を口から吐きます。
     
  2. 苦しくならない程度に息を止める。
     
  3. お腹を膨らますように意識しながら、鼻から息を吸い込む。
     
  4. 苦しくならない程度に息を止める。

  5. 1~4を5~10回繰り返す。
    繰り返した後は、ゆっくりと普段のペースの呼吸をもどしていく。


化学物質過敏症について

シックハウス症候群 原因と対策

化学物質過敏症 原因と対策

体質を改善していく


ページのトップへ戻る