化学物質過敏症とシックハウス症候群を考える

観葉植物でシックハウス対策


植物には有害物質や細菌を二酸化炭素と一緒に吸収し、空気を正常化する働きがあります。
シックハウス症候群を扱う病院でも、部屋に観葉植物を置いてあるかどうか質問するほど、効果が認められています。

化学物質への観葉植物の効果 (金沢経済大学 大藪多可志教授の発表/2000年)
密閉された容器に化学物質(ホルムアルデヒド、アンモニア、たばこの煙など)で満たし、観葉植物を入れて計測

ポトス、サンセベリア
などの鉢植え

(高さ20センチ程度)
体積300リットルの密閉ガラス容器
化学物質濃度 50ppm

(一般的な新築住宅の3~4倍 )
(容器内の明るさは蛍光灯で1000ルクス)
経過時間 検出されなくなった化学物質
約6時間後 ホルムアルデヒド、アンモニア、たばこの煙
約15時間後 排ガス
約50時間後 アセトン
60~70時間後 トルエン
約70時間後 ベンゼン
約100時間後 キシレン
ポトス、サンセベリアの両方で同じ効果が出ています。
切り花の場合は、観葉植物よりも効果が少くなります。

上の計測数値をもとに算出した場合 ホルムアルデヒド濃度が10~20ppmの一般的な新築の6畳洋間の場合 小ぶりな鉢植え5個で0.08ppm以下(WHOの規制値)まで落とせることになります。

NASAの研究でも同じ効果があると発表されています。 6畳程度に一鉢おくと、ホルムアルデヒド約50~70%、トリクロロエチレン約10~25%、ベンゼ約50~90% が除去できたとのことです。

一部屋に大きめなら1鉢、小さめななら5鉢程度で化学物質に効果的となります。

化学物質の浄化に有効な植物

ホルムアルデヒド ポトス、サンセベリア、ポットマム、 ガーベラ、 キビ類、ツツジ
ベンゼン ガーベラ、 ポットマム、ヘデラ・ヘリックス(セイヨウキヅタ)
トリクロロエチレン ガーベラ、ポットマム
共通に有効とされるもの ポトス、ポットマム、ガーベラ、アロエ

化学物質の浄化に有効な植物

ホルムアルデヒド ポトス、サンセベリア、ポットマム、ガーベラ、キビ類、ツツジ
ベンゼン ガーベラ、 ポットマム、ヘデラ・ヘリックス( セイヨウキヅタ)
トリクロロエチレン ガーベラ、 ポットマム
共通に有効とされるもの ポトス、ポットマム、ガーベラ、アロエ

植物の特徴

ポトス 長所:成長が早く、非常に育てやすい。価格も安く、人気がある。
サンセベリア 長所:乾燥に強く、育てやすい。
短所:寒さが苦手。
ポットマム
(菊)
鉢植えの菊のことをポットマムと呼びます。
長所:種類が多くあり、秋に花を楽しめる。
短所:多肥を好み、病虫害が発生しやすい。
ガーベラ 日当たりの良い場所を好む宿根草。
長所:種類も多く、花持ちが良い。
ヘデラ・ヘリックス
(セイヨウキヅタ)
ヘデラと略されることもある。常緑のツル性の植物。
長所:生命力が強く、育てやすい。
キビ類 穀物のキビで、粟などの仲間。 ホソムギ、スイッチグラス、ミレットなどが含まれる。
長所:ホルムアルデヒドには一番効果が大きい。
短所:室内で観葉植物のように育てるのは難しい部類です。キビ類を1鉢おくよりは、他の鉢を2つ置く方が育てやすいでしょう。

※シックハウスの部屋は原因を除去しない限り、絶えず化学物質が放出されています。観葉植物だけにたよらず、原因を取り除くことが大切です。

※重い化学物質過敏症の人は、化学肥料や防虫剤が使われていた場合、反応する可能性があるので注意が必要です。

シックハウス以外の効果

部屋の中の湿度調節や、目の疲労を助ける効果があります。
他にもマイナスイオンが1立方センチメートル中に約200個ほど増えるという結果がでています。

生活空間内のマイナスイオン量はに100~200個程度とされているので、観葉植物だけでマイナスイオンが倍近くになるということです。
マイナスイオン効果の高い観葉植物はサンセベリアと言われています。テレビでも紹介されて、以前よりも高値になってしまったそうです。

化学物質過敏症について

シックハウス症候群 原因と対策

化学物質過敏症 原因と対策

体質を改善していく


ページのトップへ戻る