化学物質過敏症とシックハウス症候群を考える

化学物質 : 洗剤類


漂白剤、柔軟剤は特に毒性が強いと言われています。
化学物質過敏症になると、避けたい化学物質の1つと言えます。
表示名 使用されている化学物質 症状、危険な理由、使用目的など
合成洗剤 蛍光増白剤
ジアミノスチルベンゼン系の化学物質。
衣類を白く見せるための染料の一種。
白く洗い上げているのではなく、白く染め上げていると言うこと。
一度使用すると、洗濯しても除去が難しいと言われるくらい強力で、毒性も強い。発ガン性の疑い有り。
ゼオライト アルミニウムを含む化学物質。硬水を軟水に変え、洗浄力を上げるために使用される。
神経障害、肺障害をもたらすとされる。また、アルツハイマー患者からは健康体の4倍の数値が検出されるため、関連を疑われている。
柔軟剤 合成界面活性剤
ペンザルコニウムクロリド
プロピレングリコール など
毒性が強い。
吸い込むと中枢神経を抑制する。
肝臓・腎臓障害、発ガン性の可能性。


化学物質過敏症について

シックハウス症候群 原因と対策

化学物質過敏症 原因と対策

体質を改善していく


ページのトップへ戻る