化学物質過敏症とシックハウス症候群を考える

化学物質 : シャンプー、リンス、ボディーシャンプー、石けん


シャンプーなどに使われている界面活性剤は、油分と水分を混ぜ合わせるための成分です。
危険性の高い石油系合成界面活性剤と、安全性の高い植物性界面活性剤に別れます。
圧倒的に石油系の方が多く使われています。理由は植物性より洗浄力が強いからです。
表示名 使用されている化学物質 症状、危険な理由、使用目的など
・界面活性剤
(石油系合成
 界面活性剤)

・乳化剤
・洗浄剤
・発泡剤
・保存剤
・変質防止剤
・湿潤剤
・保湿剤





ラウリル硫酸ナトリウム
(ドデシル硫酸ナトリウム)

ラウリルエーテル硫酸塩
目の炎症、アレルギー反応、乾燥肌、皮膚炎の発症、髪の成長を弱めるなどが報告されている。
皮膚から浸透し、肝臓・腎臓・肺・脳に達して残留する。 免疫系に障害を与える可能性有り。 成長期の間に触れると、目に障害をもたらす事もある。
トリエタノールアミン
(TEA)
皮膚から吸収され、目、皮膚、粘膜を刺激する。皮膚炎や発疹をおこす。
ラウリル硫酸塩
ラウリル硫酸ナトリウム
アルキル硫酸エステル塩
(AS)
口に入ると味蕾細胞を壊す。
粒子が75ミクロンと小さいため、皮膚に吸収されやすい。
女性は胸や子宮、男性は睾丸に蓄積されやすい。
ポリエチレングリコール 皮膚からの毒性は低いが、飲み込むと肝臓・腎臓に障害をもたらす疑い有り。発ガンやアレルギーをおこす可能性もある。
ラウリル硫酸トリエタノールアミン 皮膚の乾燥、荒れ、皮膚炎、目に障害の恐れ。
毒性が強い。妊娠直後のマウスに塗ると、受精卵が死ぬという報告があります。
エデト酸塩
(EDTA) ( キレート剤)
皮膚、粘膜、目に刺激有り。ぜんそく、発疹などのアレルギーを誘発する。口から摂取すると、カルシウム欠乏症、血圧低下、腎臓障害をおこす。
アメリカでは1970年に使用禁止になっている。
プロピレングリコール 皮膚炎。染色体異常の恐れ。
過剰摂取で赤血球の減少、肝臓、腎臓、心臓、脳障害の恐れがある。皮膚への浸透が非常に早い。
アメリカでは6歳以下の子供へ使用が禁止されている。
対策
・使用量を極力少なくする。
・安全性の高い植物性界面活性剤を選ぶ。

国で規制されていないため、メーカー側は安全としています。
メーカーのサイトのAQコーナーでも、これらの化学物質への質問に、はっきりと安全です!と答えているものもあります。

危険視されている石油系合成界面活性剤は200種類を超えると言われています。

化学物質過敏症について

シックハウス症候群 原因と対策

化学物質過敏症 原因と対策

体質を改善していく


ページのトップへ戻る